優気のつぶつぶベジライフ♪

つぶつぶ雑穀料理講師&つぶつぶマザー・優気の日常。2015年から、つぶつぶ料理教室ネットワーク・全国プロジェクト推進部として活動します!

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

つぶつぶ料理教室at盛岡のまちこさん♪

 01, 2015 13:53

4月にオープンした

つぶつぶ雑穀料理教室 at 盛岡

講師&主催の佐々木眞知子さんのブログに、
5月からの予定がアップされました。
http://ameblo.jp/tubutubu-zakkoku-kogawa/entry-12019460167.html

4月のオープン記念イベントには私も一緒になって盛り上げました!
個人的に、つぶつぶ料理教室とは別に、
岩手の郷土料理「ひっつみ」の作り方を伝授していただきました^^
IMG_0729.jpg
*これは、お家で復習!したバージョンです


まちこさんは、
38年間、栄養士として働きながら、
現代の食の矛盾を感じ続けてきた経験から、

10年以上前につぶつぶと出会い、
「これだ!」と思って食を切り替えたそうです。

栄養士の仕事を退職後、2013年から
旦那さんと、岩手県の岩泉で雑穀の栽培、農作物の栽培をスタートしました。

つぶつぶ食に切り替えて、
旦那さんはトータルで30キロも痩せたとか!

夫婦で畑をしながら、
雑穀王国・岩手でもっともっと、つぶつぶを広く知ってもらいたい、
という真知子さんの夢が叶い、

2015年4月に

つぶつぶ料理教室 at 盛岡

がスタートしました。


実は、
まちこさんの幼少期には、
岩手ではまだまだ、雑穀飯があたりまえ、
ヒエご飯が普通の日常のご飯だったと教えてくれました。

家族も大家族!30人以上で暮らし、
山菜を取り、漬物をつけ、保存食を作りながら、

近所の人と野菜や漬物を交換したり、交流しながら、
田畑に近い暮らしが当たり前だったそうです。


私も、山形県いのちのアトリエで育ってきましたが、
両親は東京からのIターン。

地域に根付いた暮らしぶりは未経験なので、
その土地で生まれ育ち、体験してきた
まちこさんのお話をきくのは、毎回ワクワクします。



どの花が咲いたら、田植えの時期だとか、
赤ちゃんが生まれたら、耕す畑の面積を増やして、
お葬式があったら、耕す畑の面積を減らして、

家族で一番経験と感のある人が、
そういうことを毎年春に決めていたんだそうです。


人も、自然の一部として、

まさしく「食べる」「生きる」ために
「働く」=耕す暮らしが、実際に日本にあって、
いまも、ごく一部ではそういう流れの中に暮らしがあって。


とても感動的なことだなぁ〜〜〜と、
嬉しく思いました。

その大自然での体験と、
真逆の世界である「栄養士」としての仕事との矛盾を経て、
「未来食つぶつぶ」を伝えるまちこさんのお話しは必見です。
ぜひ一度訪ねて、聞きに行ってみてくださいね☆



講師&主催の佐々木眞知子さんのブログは、こちら。
http://ameblo.jp/tubutubu-zakkoku-kogawa/entry-12019460167.html
*畑の様子なども垣間見れます^^

プロフィール:つぶつぶマザー・佐々木眞知子


・・・・・・・・


〜 私の生き方 〜

私たちは過去に戻ることはできないので、

もっともっと、創造的に、未来へ向かって行く!

その食のツールが「未来食つぶつぶ」。

大地からの豊かな恵みをいただく。

シンプルに、味わって。

幸せに気がついていく幸せ噛み締めて。


・・・・・・・・

いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

ポチっと応援もよろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 雑穀料理へ
にほんブログ村

日常のことは、
フェイスブックによく書いていますので、
フォロー&お友達申請してくださいね♪
https://www.facebook.com/yuki.gota




そもそも、つぶつぶって何??という方は、こちらへどうぞ⬇

未来食セミナーScene1
☆都内開催決定☆
2015年5月4日 講師:つぶつぶマザー優気
お申込み受付中です♪

http://www.tsubutsubu.jp/LP/scene1/entry.php





スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。